親が子供に中学受験をさせるのは子供の人生にとって善い

中学受験はあるべき
3票

VS 

なし
2票

imagine
基本中学受験を決めるのは親です。親によって子供の三年間(それ以上)過ごす環境が決定されます。そこで得られる経験や成長はある程度親によって決められると考えられないでしょうか?それは本当に善いことなのでしょうか
9月18日

1.imagine  

アバター

中学受験は、親が子供に、生きるための指針を示すことだと思います。子供はその指針をもとに生きてみるなかで、様々な経験をします。たとえその中学校が子供に合わなかったとしても、子供はそこから自分に合った環境を求めるようになり、子供の人生はよりよい方向に進んでいくからです。

1
10月17日

2.めんだこ


アバター

私は必ずしも中学受験が子供にとって良いとは限らないと思います。中学校時代の環境決定が親から子に対する指針の提示だという点は賛成です。子供のうちは学校生活が彼らの生活の大部分を占めているので人生の指針という部分を大きく見るとするならば納得できます。しかしそもそも生きるための指針を子に示す、というのはなにも中学受験だけではないはずです。それでも仮に中学受験が子供の社会生活、及び人生の最初の指針提示だとすると、その指針が良いものならばそのレールに沿って上手く人生を成し遂げることが出来る子も一定数いるでしょう。です

0

3.めんだこ


アバター

ですがそうでない子が一定数いるのもまた事実です。この事実に関しては受験とは全く関係はありませんが、逆に受験とは関係なくその学校と子供の相性に関係するわけです。となると、待ってるのが良い環境か悪い環境か分からない状態で受験という苦行をさせることは子供にとってはかなりストレスだと考えられます。
更に、親が子に生きるための指針を示すというのは、ある意味では"親が考えたお手本のようなレール"を敷かせてその上を子に通らせることであるために、中学受験が失敗すれば親に憎しみを持つ子もいるでしょう。そして親子関係が悪化す

0

4.めんだこ


アバター

......んあああああああああああ字数制限切ないめぅ

0
10月24日

5.ALKDJFHW


アバター

確かに中学受験をさせた方が、高校もしくは大学とエスカレーター式に上がっていくことが可能であり、一見子供にとっては良いように思えます。しかし、これにはリスクが孕んでいます。それは「世の中の底辺を知ることができない」ということです。私立の進学校に通ってしまうと、周りに勉強が出来る人間だらけになります。そうすると社会の実情が見えないどころか、自分たちよりも頭の悪い人間との関わり方を学ぶことができません。社会で生きていく上で、下の人間とも関わることになるでしょう。本来は社会で生き抜いていくために学ぶはずが、座学のみ

0

6.ALKDJFHW


アバター

の学びでは本末転倒なのです。本来の教育の理念からかけ離れている。以上を踏まえると、やはり中学の段階では公立に行かせ、よりリアルな社会の実情を学ばせる事が大切なのではないでしょうか。

0

7.ALKDJFHW


アバター

×リスクが孕む
○リスクを孕む

0
11月3日

8.Masato  

アバター

小学校は6年間もある。一時的に受験のために時間を費やしても、情操教育に割く時間が不足するとは思えない。
また、公立中学に進学する小学生にとっては、勉強の目的がハッキリしない。受験という仮初めの目的を与えることで、目的不在の非効率な時間を避けることができる。

0

9.Masato  

アバター

なお、私立進学後、その中でも相対的な学力の差異は必ずある。実社会の縮図は学校の偏差値に関係なく学べるのではないか。
以上3点から、私立中学の受験は子供にとって善いと考える。

0
11月12日

10.Poppo  

アバター

中学受験によるメリットや結果を何も親側が説明しない状態で受けさせるということが間違いです。
これは統計的にも中学受験を経た方が大学進学率や就職率が良いのは明らかですので、それを踏まえた上で、受験による成果等について、子供にも事前に伝えておくことが重要であるかと考えております。その上で、めんだこさんのコメントにある"良い環境か悪い環境か分からない"というのは公立にも当てはまることです。そういった状態の中で受験をすることによるストレスを仰っておりますが、それは受験の意味を伝えきれていないだけであり、寧ろ親側が

0

11.Poppo  

アバター

主導権を握っているのであれば、それ(受験の意味)を子供に伝える責任もあるかと思います。

0

12.Poppo  

アバター

また、ALKDJFHWさんは"底辺を知ることが出来ない"ことを主張されておりますが、中学受験組全てに当てはまるとくくるのはいささか乱暴な気もします。寧ろ私立に行って、上流のマナーや考え等を学ぶことにより、社会の底辺に気がつきどう対処するのか見えてくるのではないでしょうか。ALKDJFHWさんの言う通り、仮に公立が底辺の巣窟であった場合、底辺度合いに気が付かず、埋もれ、染まっていくリスクの方がある気がします。

0

13.Poppo  

アバター

子供によっては親の言いなり、何も子供によっては親の言いなり、何も考えられないor判断が出来ないといった受動的な子もいるでしょう。寧ろそういった子に対しては親が最善と思う選択肢(imagineさんの言う生きるための指針)を示してあげることは有意だと思います。

0